Amazonギフト券現金化

Amazonギフト券現金化業者は危険がいっぱい!

クレジットカード現金化業者といえば、キャッシュバックか買取型のどちらかが業者で使われていました。

ショッピング枠を使って購入を求められる商品の種類は、各社で異なるもので、基本的に利用するまでその商品がなにかがわかりにくくされていたのです。

しかし、最近、明確にAmazonギフト券Eメールタイプを換金するために使っていると告知する業者が増えてきており、その実態を暴きます。

クレジットカード現金化ではAmazonギフト券Eメールタイプが多くなってきた

悪巧みをしているクレジットカード現金化業者
なぜ、突然Amazonギフト券Eメールタイプが使われるようになったのか…。

昔からギフト券・金券類の存在はありましたが、Amazonもつい最近になって発行したのですから、この商品を使った換金の仕組みは歴史の浅い方法といえます。

これ、実は利用者にとって都合のいい換金方法ではなく、。業者にとって都合がいい換金方法なのです。

どういうことかと言いますと、従来の方法では、クレジットカード現金化業者がショップをもち、決済代行会社と契約の上でカード決済が行われていました。

しかし、Amazonギフト券Eメールタイプなら、ユーザーがAmazonで決済することにより、これまで業者が支払っていた決済手数料の経費が削減できる仕組みなのです。

決済金額と振り込み金額の差額が業者の粗利として考えられます。

その粗利から運営に関わる通信費・広告費・雑費・人件費などをまかなっていることを考えると、決済金額に応じたパーセンテージがかかる手数料は決して安くはない金額。

その分、利用者に対して還元されるならまだマシですが、その浮いたお金を還元することなく、利ざやを得ているのが実態です。

昔から営業している現金化業者と、Amazonギフト券現金化業者の還元率・換金率を比較しても変わらないのは、業者が旨味を得ている仕組みがあるからなんですね。

Amazonギフト券現金化はカードが利用停止になりやすい

カード利用停止
先ほど、現金化業者のショップと決済代行会社との関係がありましたが、クレジットカードのトラブルに関する連絡も、この関係から少なからず通知されているでしょう。

しかしAmazonギフト券現金化の場合には、現金化業者とAmazonで加盟店契約がありませんので、「現金化業者を利用してカードトラブルになった」とはならず、「Amazonを利用してカードトラブルになった」と責任を転嫁しているのです。

現金化業者はAmazonギフト券を買い取るだけなので、Amazonとコンタクトをもつきっかけはなく、あくまで買取を申し込みした名義人に連絡がいくので、安全性についてメリットと紹介する業者は悪徳と判断することができます。

最近では買取が当たり前であるかのように宣伝されていますが、公式には認められていません。

業者はカード会社を舐めきっていますが、当然に換金目的でEメールタイプの購入をされていることは周知されているのか、続々と利用停止の口コミが取材を通して確認しています。

なかには、カードタイプも買取依頼ができるかのように掲載している業者もありますが、問い合わせれば一発。

今は在庫過多で買取していない、などの言い訳を使って、結局はEメールタイプしか扱っていないことが当たり前の世界。

運営者の実態について透明性がなく、実際にAmazonギフト券が現金に代わる資金決済として利用され、逮捕されている業者もありますので、Amazonギフト券現金化業者の利用はオススメできません。