多重債務者とお金

ギフトクレジットなら多重債務者でも利用できる?

ギフトクレジットはたとえ多重債務者で消費者金融から借入れできない方でも、ショッピング枠利用残高が有れば利用可能。

通勤の移動時間や昼休みの僅かな隙間時間でも、簡単ネット申込が可能です。

ギフトクレジット以外のクレジットカード現金化サービスなら大丈夫

クレジットカード現金化は希望

複数のサラ金から借金している人を「多重債務者」と言います。

たとえ多重債務の状態でも、収入が借金返済より多ければ無問題なのでしょうが、一度多重債務に陥ると多くの場合は最終的に借金で借金を返す自転車操業の状態に陥ってしまう結末が待っております。

バブル以降、借金による自殺者や自己破産者が増加して社会問題になっていました。

「貸すからいけないんだ!」ということで、年収の1/3以上貸し付けてしてはならないと「総量規制」を発動して、貸金業者に対して貸付金額を法規制して、ついに水道の蛇口を締めたわけです。

その結果は、ご存知の通りでございます。

貸金業界は一気に冷え込み、そればかりか今までなら普通に借りれた人が急に借りれなくなって、資金ショートで自殺する人や自己破産する人が更に増加してしまうことになりました。

そして現在でも「総量規制」の影響はまだまだ続いております。

なんせ年収の1/3ですから、場合によってはあっという間に上限となって、どこからも借り入れできなくなってしまいます。

但し、この「総量規制」というのは消費者金融やキャッシングなどを対象とする「貸金業法」という法律であって、ショッピング枠の利用に関しては対象外なのです。

ちなみに、ショッピング枠を対象とする法規制は「割賦販売法」と言います。

さてここから本題なのですが、はたして多重債務の状態の方でもクレジットカード現金化は利用できるのでしょうか?

結論から言いますと、多重債務の状態であっても買い物利用可能なクレジットカードをお持ちであれば、問題なく利用できます。

キャッシング枠は使いきってまっているが、ショッピング枠がまだ空いているという方なら、多重債務者であろうが現在無職であろうが誰でも利用できます。

ギフトクレジットは、消費者金融の様な融資審査がないので、勤務先への在籍確認などの電話連絡もありません。

ほとんどの業者が土曜日も対応OKですので、平日多忙な方には大変便利なサービスです。

利用できるクレジットカードは、業者によって異なりますが、VISAカードやNICOSカードやポイント還元率が高いLIFEカードなどの主要なカードは大体の業者で対応してます。

気になる還元率ですが、95%とか表記してあっても手数料などを差し引かれると、手にする金額は実質80%程度となる感じです。

利用金額や利用プランなどにもよりますが、およそ80%程度と考えておいたほうが無難でしょう。

業者選びでお困りの方は、高還元率で接客面なども良くて人気のあるギフトクレジットがオススメ。

クレジットカード現金化は多重債務者への入り口?

多重債務

利用者の中には多重債務者の方ももちろんいます。

消費者金融などで借金をすると最初は返済出来ていたものが、徐々に滞るようになり挙句の果てに借金を返済する為に、さらに借金をするようになります。

こうなると完全にドツボに嵌った状態になり中々抜けられません。

多数の消費者金融から借入れすると、他社から借入れ出来なくなり、最後の手段でクレジットカード現金化に手を出すと言う訳です。

このような利用の仕方は決してお勧めしません。最後は自己破産になるのがお決まりのコースです。

ショッピング枠換金を利用するなら一時的な資金難で、その後に確実な金策の宛がある場合を除いての利用は控えた方が無難です。

カード会社が目を光らせているのは、ショッピング枠よりもむしろキャッシング枠。

キャッシング枠が無い状態でのショッピング枠換金はカードの利用停止になる可能性がある事は覚えておくと良いでしょう。

今日中に借りたい方でも簡単手軽にお金調達が出来るクレジットカード現金化は、学生・フリーターや主婦にも人気のサービスですが、利用金額が大きい時は確実に支払えるように事前に計画を立てると良いです。

最後に悪徳業者に掴まされて思わぬトラブルに巻き込まれないように業者選びも慎重に。