ギフトクレジット

ギフトクレジットのクレジットカード現金化は安全?

店名 ギフトクレジット
換金方式 キャッシュバック
責任者 佐藤 剛
還元率 98%

ギフトクレジットは、2012年ごろから多くの比較サイトで一気に評価を高めた業者です。

当時評価されていたランキングサイトのほとんどは閉鎖されていますが、今現在も多くに比較サイトのランキングで入賞しており、すでに大手のひとつとして数えられます。

ギフトクレジットを真似た業者が乱立していましたが、ホームページの内容をパクっても、実際の対応まではコピーできなかったようで、今に至ります。

ギフトクレジットは2019年にリニューアルオープン!

ギフトクレジットのリニューアルオープン

黄緑色を基調としていたギフトクレジットが、とうとうリニューアルしました!

古臭いデザイン(失礼w)がある意味特徴的でしたが、最近クレジットカード現金化業者で流行っているデザインに変わりました。

昔のギフトクレジット。
リニューアル前のギフトクレジット

リニューアル後、これまでなかった新しいキャンペーンがスタートしました。

新しく申し込みをした人を対象に、最大7万円のキャッシュバック

わたしはすでに何回も利用している立場にあるのでわかってはいたものの、ダメ元でキャンペーンを利用できないか駄々をこねてみましたが…無理でした(泣)。

わたしも急な要り用の時にはギフトクレジットを利用しているのですが、ここの良いところは明朗な金額の提示と、圧倒的な対応の良さがあります。

見た目は変わりましたが、同じ店員さんに対応してもらっているので、安心して申し込みができています。

ギフトクレジットの公式サイトをご紹介


ギフトクレジットは、数多くの比較サイトで紹介を受けている老舗のクレジットカード現金化業者です。


実は長く営業している業者は、現在営業中の業者すべてを見ても、ほんの一握りとなっており、我々利用者を騙すために創業年数を偽って告知している手口が横行しています。

営業して間もないにも関わらず、唐突に比較サイトで1位と紹介されている業者がありますが、比較サイトが広告掲載料金を募って掲載されているステマも確認済みです。

その点ギフトクレジットは、広告掲載を募っている比較サイトは相手にしておらず、自然な評価を獲得しているので評価されているのではないでしょうか。

ギフトクレジット公式サイトへ
クレジットカード現金化は比較サイトで情報収集するのが鉄則ですが、中身のない比較サイトを閲覧するのは危険。

更新頻度と専門性の高い比較サイトは、意外と少ないです。

↓よりクレジットカード現金化を学べるサイトです。↓
クレジットカード現金化

ギフトクレジットの評価と掲載実績

ionosijium.xyzのギフトクレジットに対する評価
各所でキャンペーンを確認されているように、昔から定期的に特典イベントを行なっているので、2回目以降の利用も考えられるサービスが提供されています。

業者より比較サイトの方が閉鎖されていくほうが当たり前なので、逆に長く運営している比較サイトからどう評価されるのかのほうが重要。

最近は運営者自身が申し込みをするのではなく、ホームページ紹介みたいな中身のない情報が乱立しているので、見極めは難しくなっています。

lcaze.comのギフトクレジット に対する評価

上記の評価も、接客対応と還元率に対する評価の高さが際立ちます。

営業年数があるので、口コミも多く確認することができ、リニューアル前には「お客様の声」というコンテンツがあり、利用者の感想を公開されていました。

過去には探偵ファイルで記事が掲載されていたことも。

先ほどのように、広告掲載を募っている比較サイトでは、掲載のほとんどがランキングコンテンツに依存しているので、月が変わると評価を悪くするという実態があります。

しかし、しっかり作り込みをしていて、広告費を募っていない比較サイトに絞ると、画像のように高い評価を集めていることに気づきました。

クレジットカード現金化で損しないための考え方

クレジットカード現金化で損しないための考え方

クレジットカード現金化はお金を稼ぐ方法ではありません。

ショッピング枠の範囲で利用できるので、2回目以降、少し慣れるとなにか自分の銀行口座からお金を引き出す感覚すらあります。

そして現金化業者のほとんどは、金額が大きいほど還元率が上がることがありますが、こちらはまだ優良店の対応。

金額は割合で決まっていますので、金額が大きくて還元率が変わらなくても、業者の取り分が増えることから、利用金額に応じて優遇してくれる業者は評価できるのです。

だからと言って、必要以上の金額を換金しようと思わないでください。

回り回ってカード会社からの請求まで考えるのであれば、必要最低限の金額に納めたほうが経済的な使い方です。

ちなみにいろいろと他の店へと浮気を考えたこともありましたが、クレジットカードの写メを送らないと質問に答えてくれなかったり、具体的な金額を言わずにそのまま手続きを進めようとする悪徳な店員もいました。

自ら優良店として名乗りながら、突然サイトが閉鎖することがよくある業界ですので、実績が豊富な業者は重宝されている感があります。